耐熱塗料・断熱塗料・遮熱塗料はガンマーケミカルにお任せ下さい。各種耐熱塗料製品を取り揃えております。断熱・遮熱塗料のご紹介ページです。

TOP > 断熱・遮熱塗料の仕組み
断熱・遮熱塗料の仕組み

断熱・遮熱塗料の仕組み(熱伝導・対流)

・熱伝導

 熱伝導の低い顔料を使用している。(0.101W/mK)
 硬化後は空気断熱層の被膜になり蓄熱性がない。


・対流

 空気分子の運動を制御。
 セラミック微粒子の空間に封じ込め気体の対流、分子衝突を小さくする。

基本的な熱の伝わり方

・熱伝導

 物体の一部を加熱するとその部分の分子や電子の運動が激しくなる。これらの分子や電子は
 となりの分子や電子と衝突してそれらを揺さぶる。次々と揺さぶっていくので、分子や電子の
 激しい運動が広がっていく。これを伝導という。
 物体がどのくらいよく熱を伝導するかをあらわすのが伝導率である。
 金属は自由電子があるので熱伝導率が大きい。


・対流

 液体や固体が熱せられたことで熱膨張し、密度が小さくなり上昇します。
 すると熱せられていない液体・固体が下降します。このように液体や固体が循環(対流)する
 ことで熱が伝わります。

断熱塗料HSDシリーズ熱伝導率

熱伝導率
ページトップへ
お問い合わせ ガンマーケミカル株式会社 リンク 個人情報保護方針 お気軽にお問い合わせください。